夏のキャンペーンギフト


12月 25, 2015

初心

自分の進む方向に困ったときに必ず読む本があります。「斎藤一人の人を動かす」です。この本は自分が仕事で困っているときに尊敬している上司から頂いた本です。それから、何か躓くたびにこの本を読んで自分の進むべき方向を決めています。自己啓発書をよく読むのですが、特に永松茂久さんの本を読むことが多いです。今の自分にすごくはまってきています。同じ本を繰り返し読むことも多いのですが、面白いことに毎回感じることが違います。さらに言うならば、自分が困っているときにはその解決方法が書いてあるところばかりが印象に残っています。例えば、本に限らず道を歩いていると、車を買い替えようとしているときは買い替えたい車が目に入ることが多くなると思います。それは、意識しているからです。今、やりたいことが見えてきてるのですがその前に、初心に帰り「斎藤一人の人を動かす」を読もうと思っています。今回はどんなことが意識に残るか楽しみです。

ガス器具 販売