夏のキャンペーンギフト


10月 25, 2018

初めて子供と一緒に出かけた横浜中華街

私は、友達の結婚式で子供も一緒につれて、横浜にはじめていきました。結婚式の次の日に、友達が横浜にすんでいるので案内してくれると言うことで、私の希望で横浜中華街に連れて行ってもらいました。
私は中華料理がとても大好きで、特にその中でも小籠包が1番好きです。
横浜中華街に行って1番ビックリしたのは、神戸の南京町とは比べ物にならないぐらい観光客も多く、また中国人がとても多かった印象です。

そして、1番ショックだな…と思った事が、子供が足を怪我してどこかでティッシュを貰おうとお店に入ると、どこのお店でも食べ物を何か買わないとあげれないと言われたことでした。
困っている人がいても助けてくれないんだなと、すごく悲しくなりました。お水を買って子供の足を流し、その後食べ物の店を見て周りました。
見ている最中、栗売りの中国人に何度も何度も勧誘されたのがとても記憶に残っています。

子供と一緒に豚まんを食べたのですが、神戸の南京町で有名な老祥紀の豚まんを想像していたので、子供の顔ぐらいのデカさがある豚まんにびっくりしました。
子供と一緒になってかぶりついて食べて、そのでかさに顔の横に並べて写真をとったりと、とてもたのしかっです。
そして、1番食べたかった小籠包を食べ、もちろん美味しかったのですが、焼き小龍包を初めて食べ、そのおいしさに感動して追加購入してたべました。
その時はお土産を買うことをすっかり忘れていて後悔をしたのですが、今年旦那さんが横浜中華街に行くと言うので、迷わずお土産にお願いするほどでとても美味しかったです。

それ以来横浜中華街にもう一度行きたくて仕方ないのですが、京都に住んでいてなかなかいけず、神戸の南京町に行っています。初めて子供と一緒に新幹線にのって出かけた場所が横浜中華街だったので、私の中でとてもいい思い出になっています。
もう少し子供が大きくなったら、もう一度子供もつれて家族みんなで横浜中華街にいきたいなとおもいます。